紙の厚さの単位「kg」とは?「mm」ではなく重さだった!?

0

紙の厚さは何故か「90kg」「110kg」「135kg」などとよく見かけるのではないでしょうか?
今回は、印刷用紙の厚さの基準についてお伝えしたいと思います。

一般的なコピー用紙の厚さは、70kg、73kg(厚さは0.08~0.10mm)です。
90kg(厚さは0.10~0.13mm)を使っている企業もあるかと思いますが、コスト面的に70もしくは73kgが多いです。
それは紙の取引市場価格は「kg」で行われることが多いため、軽い方が安く取引されているからです。
※ただし紙の種類によって軽くても高価格な紙も存在します。

プロのデザイナーは人差し指と中指で紙を摘んで軽く擦ったり、紙の端の弾力などの感覚で厚さを測ったりします。このように長年、様々な紙の種類に触れていると、感覚で厚さを掴めるようになります。紙の厚さを計測する機械など存在しますが、打ち合わせ時など「この紙はどのぐらい?(厚さ)」と度々、質問されるケースが実際に数多くあり、その場で即答できると商談などスムーズに進行できる時があります。

紙の厚さはは重さ(kg)

紙のサイズはタテ/ヨコをmmで表しますが、厚さはkg=キログラムと重さの単位で表示されています。
業界用語ではkgの事を「キロ」と言っています。
単純に1枚の紙が90キログラムも!?と思われるかもしれませんが、実は「原紙1000枚分の重さが何㎏になるか」で表します。
もう少し簡単に説明すると『印刷用紙を全判(A0、B0など)で1,000枚積んだときの重さ』と、イメージしやすいかと思います。
「原紙1000枚」を1連という単位で表すことから、この重さのことを「連量」といいます。
同じ種類の紙なら、「連量」が多いほど厚いということです。

しかし、同じ種類で同じ厚さの紙でも、A列本判とB列本判では原紙の大きさ「連量」も違います。
全判サイズにはいくつか基準があります。「全判」とは元の紙のサイズ(断裁していない原紙)のことを言います。
・A判(625×880mm)
・菊判(636mmx939mm)
・B判(788mmx1091xmm)
・四六判(788mm×1091mm)
このように用紙サイズが異なるため、同じ90kgでも、厚さが微妙に変わってしまうのです。
印刷業界では、もとの用紙がどの大きさかが重要な要素になってくるのです。
ですから一定の基準で分かりやすく記述されています。
1平方メートル当りの用紙1枚の重量をgで表示する方法は米坪もしくは坪量と言いえ「メートル坪量(g/㎡)」を使用しています。この表記方法なら、原紙の種類に関係なく厚さを表すことができます。

・まとめ

折込チラシやフライヤー、リーフレットなど印刷する際は印刷会社に相談してみても良いかもしれません。きっと的確なサイズと厚さなど教えてくれるはずです。
そして、業種や業態、ターゲットから発信する内容によって紙の種類・厚さが異なってきます。
前回ご紹介した紙の種類と特徴の記事と今回ご紹介した紙の厚さを踏まえた話ができると、印刷会社などとの話もスムーズに進行できるのではないでしょうか。